メイクで隠せる?目の下のクマをカバーする方法

クマがあると、どうしても顔が疲れた印象になりませんか?無理に隠そうとすると、厚塗り感が出てしまい老けて見えることも。ここでは目の下にできるクマをメイクで隠すためのテクニックを紹介します。健康的な雰囲気を演出できるよう、ナチュラルに隠す技を身につけましょう。

クマを隠すメイクにはコンシーラーを使おう

デートや接客の際、クマがあるとアイメイクも映えにくくテンションが下がってしまうもの。しつこいクマを隠すためには、コンシーラーが最適です。コンシーラーとはファンデーションで隠しきれないシミやソバカス、ニキビなどの気になっている部分を目立ちにくくする商品です。肌を美しく見せてくれる効果もあります。

このコンシーラーをうまく使えば、初心者でもクマを隠すことが可能です。ただしコンシーラーの色やテクスチャ選びに気を付けなければ、かえって目立ってしまうことになります。クマの種類に合わせたコンシーラーを選びましょう。

クマを隠すのに最適なコンシーラーの種類

コンシーラーにはクリームタイプやリキッドタイプなどたくさんの種類があります。クマを自然に隠すためには、どのような種類のコンシーラーを使うかが重要です。クマの状態に応じたオススメのコンシーラーについてまとめているので、参考にしてみてくださいね。

クリームタイプ

リキッドタイプよりもしっとりとした、マットでやわらかいテクスチャです。ややカバー力は弱いという特徴がありますが、保湿力が高いため乾燥しやすい方にオススメ。広範囲にカバーでき、自然な仕上がりになります。

リキッドタイプ

リキッドタイプにはチップやブラシなどの付け方があり、さまざまな形状から選ぶことができます。またメーカーによってサラサラしたものから、やや硬めのテクスチャのものなどもあるため、自分好みのタイプを使ってみてください。基本的にはテクスチャがやわらかいものほどカバー力が弱く、硬いものほど隠しやすいと言われています。

広範囲のカバーが必要なときは、テクスチャがやわらかいほうが良いでしょう。反対に硬いタイプは、狭い範囲に用いることがポイントです。

スティックタイプ

やや硬めのタイプで、カバー力は高いと言われています。ただ目の下全体に広範囲に塗ってしまうと厚塗り感が出て、かえってクマを目立たせてしまうかもしれません。できれば範囲は狭く、ポイントで使用するほうがいいでしょう。また乾燥にも注意が必要です。乾燥肌の方は、スティックタイプを使う前に保湿をしっかり行うようにしてください。

ペンシルタイプ

鉛筆のような形状で細めのタイプが多く、小回りが利きやすいという特徴があります。クマよりも小鼻やくちびるの周りなどをカバーするのに適した商品です。テクスチャの硬いものが多いため、カバー力も比較的高め。クレヨンや筆先のような形をしたタイプもあります。

パレットタイプ

パレットタイプは、複数の色を一つに収納できることが最大の魅力でしょう。肌の色や悩みなどに応じて、色を使い分けたり混ぜたりできます。硬いテクスチャのものが多いため、カバー力も十分期待できるアイテムです。

種類別に選ぶコンシーラーの色

クマとひと口に言っても、人によって原因はさまざま。原因に応じて、じつはクマの色味は「黒」「茶」「青」と違ってきます。このためコンシーラーならなんでも良いというわけではなく、クマの原因に合わせてコンシーラーの色も変えるのがベストです。間違った色味のコンシーラーだとうまく隠せないので、選び方のコツをおさえておきましょう。

黒クマを隠すコンシーラーの色

黒クマができる主な原因は、加齢などによるたるみやくぼみなどの影です。上を向いたときに目立たなくなれば、黒クマと判断できます。この黒クマを隠すためには、ベージュ系やオークル系のカラーが最適。コンシーラーで隠すだけでなく、美容液などを用いたアンチエイジングのスキンケアも行うようにしてみてください。

茶クマを隠すコンシーラーの色

茶クマの主な原因は、こすり過ぎや化粧品などの摩擦による色素沈着・シミ・黒ずみです。上を向いても、目の下を引っ張ってもクマが改善しない場合は、茶クマと考えていいでしょう。この茶クマを隠すためには、イエロー系のコンシーラーが最適です。イエロー系は、透明感を演出する効果もあると言われています。

ただし、茶クマを作る原因をなくすことも大切。化粧の仕方や目元をこするクセなどに気を付けてみましょう。

青クマを隠すコンシーラーの色

青クマの主な原因は、寝不足や眼精疲労、血行不良などです。目の下の皮膚を引っ張るとクマが薄くなれば、青クマの可能性が高いと言えます。青クマを隠すためには、オレンジ系のカラーがオススメです。オレンジ系は血色を良く見せる効果が期待できます。

もし青クマができているようなら、睡眠の質を上げるような工夫もしてみてください。あるいは目元を温めるのも有効です。目元を温める専用のマスクがあるため、リラックスタイムに取り入れてみるのも良いでしょう。

原因 コンシーラーの色 予防のための生活習慣
黒クマ ・たるみやくぼみ ベージュ系やオークル系 ・アンチエイジングケア
・保湿
茶クマ ・摩擦による色素沈着
・シミ
イエロー系 ・目元を触らないようにする
・摩擦を避ける
・紫外線対策
青クマ ・寝不足
・眼精疲労
・血行不良
オレンジ系 ・ライフスタイルの見直し
・目元の血行改善

コンシーラーでメイクする際の注意点

クマに最適な色のコンシーラーを使っても、うまく悩みを解消できないときがあります。もしかすると、コンシーラーの使い方が間違っているのかもしれません。手軽に使えるアイテムだからこそ、正しい使い方で活用しましょう。

まず、クマに対して厚塗りのしすぎはNG。厚塗りをするとメイクがヨレて、余計にクマが目立つ状況に陥るため絶対にやめましょう。クマの部分に薄くコンシーラーを乗せるように意識してください。指の腹を使って、ポンポンと目元にコンシーラーをフィットさせます。そうすることで時間が経ったあともメイクがヨレにくくなりますよ。

なじませたあとはスポンジなどを使って、余計な油分を取り除くようにしましょう。フェイスパウダーを少量だけ重ねると、ベタつきがなくなりサラサラになります。最後にファンデーションを薄く乗せれば、綺麗にクマの部分が隠れるはずです。ナチュラルメイクでもしっかりカバーができるので試してみてください。

コンシーラーでメイクする際は、乾燥対策も大切です。コンシーラーの種類によっては、乾燥しやすくなる場合もあります。乾燥がひどいと時間が経ってから化粧崩れが起こり、クマが目立ってしまいます。コンシーラーを使う前には保湿を十分に行うようにしてください。

上記のポイントをおさえることで、誰でも簡単に健康的な目元を作ることができます。また明るい色のチークやハイライトなどのアイテムを使ってメイクアップすれば、よりクマを目立たなくさせる効果が期待できるでしょう。

なかなか消えないクマはプラズマ治療を検討しよう

クマをそのまま放置した場合、化粧では隠せない状態にまで陥ってしまう可能性があります。クマができていることに気づいた段階で、早めに適切なケアを行うことが大切です。ライフスタイルやクセ、食べ物などを見直すようにしましょう。ストレスもクマの原因になるため、こまめなストレス解消を忘れずに。好みで目元専用のケアアイテムを使用しても構いません。美容液やアイマスクなど自分に合ったものを使ってみてください。

クマが濃いと、自力のケアだけでは改善が難しいこともあります。その場合はエステなどを利用して、クマの状況に合わせたケアをお願いするのも良いでしょう。また、プロの視点から生活習慣に関するアドバイスをもらうことも可能です。

エステなどで導入している機器を用いれば、普段のスキンケアでは届かない肌の深部まで美容線分を浸透させられます。その結果、成分の効果を得やすくなり、健康的な肌状態へ導くことに繋がるでしょう。しつこいクマに悩んでいる方は、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

クマがあると実年齢より老けて見えやすく、鏡と向き合うのも憂鬱になります。コンシーラーをうまく使って、目元の疲れた印象を隠してしまいましょう。自分のクマの原因を知れば、コンシーラー選びに活かせるだけでなく、クマの改善にも役立ちます。セルフケアに限界を感じたら、エステを併用してコンシーラーいらずの目元を目指してみては。クマをなくし、若々しい印象を手に入れてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ 上へ戻る